Resarch & Development - 丸共バイオフーズ株式会社

コンテンツに移動します
研 究 開 発
Resarch & Development
産学連携による研究開発に
積極的に取り組んでいます
天然資源は機能性成分の宝庫です。我々はこれまで知られていなかった、

ガンギエイ由来の糖鎖成分を研究し世に送り出すことに成功しました。

海の生物からは、まだまだ思いもよらない発見があるかもしれません!

受賞・認証の履歴
2021年
一般社団法人北海道発明協会
地方発明表彰 北海道経済産業局長賞 受賞
2020年
経済産業省
地域未来牽引企業 認定
2020年
一般社団法人 
日本健康・栄養食品協会
健康食品 原材料GMP 認定
2019年
経済産業省
はばたく中小企業・小規模事業者300社 認定
2016年
北海道
北海道食品機能性表示制度 認定
(ヘルシーDo)       
2013年
北海道
新技術・新製品開発賞 食品部門 大賞受賞

保有特許
特許6146733
コンドロイチン硫酸オリゴ糖を製造する方法
特許4955944
コンドロイチン硫酸カルシウム及びその製造方法
特許5355682
抗原特異的T細胞の増殖促進剤
特願2020-512235
新規ムチン型糖タンパク質およびその用途

保有商標
商標5138501
商標5632636
ナノ型コンドロイチン
商標5720304
マリンクリスタル
商標6449548
NANOMEDICA / ナノメディカ
商標6449549
with NANO / ウィズナノ
商標6371474
NanoChon. / ナノコン

研究開発履歴(共同研究)
2001年
カスベ軟骨由来ムコ多糖・タンパク複合食品の生産技術の開発
北海道立釧路水産試験場
北海道立工業試験場
2005年
水産資源からの高純度グリコサミノグリカンの抽出精製方法の研究開発
北海道立網走水産試験場
北海道立工業試験場
2005年
道産水産資源からのヒアルロン酸機能性食品の開発
北海道立釧路水産試験場
北海道立工業試験場
2006年
エイ軟骨由来コンドロイチン硫酸の精製および構造と機能の解析
北海道大学大学院先端生命科学研究院
2007年
水産資源からの機能性多糖の単離と免疫制御活性の研究
北海道大学・遺伝子病制御研究所
免疫制御分野
2008年
コンビナート型ヒトデ・トータル利用システムの開発
北海道立釧路水産試験場
北海道立工業試験場
北海道大学水産学部
北海道立さけます内水面試験場
2009年
ガンギエイから抽出した糖タンパク質の構造検証
旭川医科大学微生物学講座
2010年
マイクロ化学プロセスによる高機能性糖鎖食品の開発
北海道立工業試験場
北海道大学大学院先端生命科学研究院
2012年
硫酸化オリゴ糖を用いた高吸収性関接改善食品および化粧品素材の開発
北海道立工業試験場
北海道大学大学院先端生命科学研究院
2013年
北海道産魚類の非可食部由来II型コラーゲンの食機能性の解明
北海道大学大学院水産科学研究院
2013年
水産物由来機能性食品の冷凍空調技術を活用した高度生産体制の構築
北海道立工業試験場
2015年
医薬品原料に応用可能な低分子糖鎖の製造技術の実用化
北海道立総合研究機構工業試験場
NEDO
2016年
ナノ型コンドロイチンの膝関節機能改善作用に関する
プラセボ対照二重盲検並行群間試験
北海道情報大学
2017年
エイ由来ムチンの栄養生理機能の探索
静岡大学農学部応用生物科学科
2019年
フコシル化コンドロイチン硫酸オリゴ糖の合成法の開発
和歌山大学教育学部
(糖質応用研究コンソーシアム)
2019年
高齢者QOL改善に役立つ機能性食品素材
「ナノ型コンドロイチンを用いた基礎研究」
小林製薬株式会社
2020年
北海道特産魚由来
コンドロイチン硫酸オリゴ糖のスキンケア製品への応用
北海道大学大学院水産科学研究院

丸共バイオフーズ株式会社
Copyright (c) Marukyou Bio Foods All Rights Reserved.
本社・稚内工場
〒097-0022 北海道稚内市中央4丁目18番18号
TEL 0162-23-4055

ファインケミカル研究所
〒006-0004 北海道札幌市手稲区西宮の沢4条2丁目1-40
TEL 011-676-5702

Copyright (c) Marukyou Bio Foods All Rights Reserved.
コンテンツに戻る